車内プチで手コキしてもらったドライブデート体験談

出会い系を利用する目的は人それぞれだが、ただ話し相手がほしくて利用している人もいる。
会う勇気はないけど、メールだけでドキドキしたいとかそんな人もいるが、そういうノーマークな人に限って意外と狙い目だったりする。

会わないことを前提としているから、気軽にやり取りもできるし、信頼関係もうまれやすい。

そんな信頼関係が作りやすいからこそ、相手からのお誘いが来たり自分からもノリの延長で誘ってOKがもらえることもある。

今回は、全くノーマークだった女性に誘われたのでドライブデートしたら、そのまま車内で楽しんじゃった体験談をご紹介!

真面目な出会いを求めてみる

自分は今まで、婚活パーティーや相席屋などに行ったことがある。
まぁ正直・・・相席屋はひどいw

タダ飯食べたいだけの女子が多いから、自分たちだけで勝手に盛り上がってるとかよく見る光景だ。
1人で飲むのが嫌なときとかは良いかもしれないが、マジメな出会いには不向き。

本気の婚活も兼ねて、もっと手軽にいろんな女性と出会える方法はないのか・・・(_ _;)

メル友無料アプリをやってみた

とりあえずアプリで検索した、メル友募集アプリみたいなやつをやってみた。
結構な人がいて、掲示板に書き込むとかはなく、プロフを設定してアピールが来るのを待つだけ、みたいなやつ。

これならめっちゃ手軽だし、無料だし、別に発展しなくてもまぁいいかwとか思える。

・・・んだけど、全くアピールが来ないw
自分から申請しても全く無反応w

え?これサクラしかいないのか?!
無料だから激戦なのかもしれないけど、あまりにも反応がなさすぎたのでそっとアンインストールした・・・。

ゆるく出会い系をやることにした

アプリを物色している時に、出会い系サイトのアプリをいくつか見つけた。
その時は眼中になかったけど、メル友アプリがダメだったので、出会い系をやることにした。

実は10代の頃に出会い系は少しやっていたw
その時はヤリたいがために登録していたけど、出会い系はそこそこ会えた。

でもマジメな出会いってどうなんだろうか?
いろんな女性と会える場所ではあるので、ダメでもともとアプリをインストールしてゆるーくやってみることにした。

ムキになると悔しい思いをしそうなのでw

出会い系には色々な人がいた

久しぶりの出会い系、すごくワクワクしたし、同時にかなり緊張もしたw
どんな女性がいるのか、とか、どんな出会いができるのかと胸が高鳴る。

ざっと掲示板を見てみたけど、真面目な出会いもアダルトな出会いも、人が多かった。
自分がやっていたときよりも活気がある。

今は昔ほど出会い系に対するマイナスイメージが減ったからかもしれない。

まずはメールから出会いを広げる

いざ出会い系を始めてみると、やっぱりアダルトな出会いも気になってしまうw
男だもん、本能的にそうなっちゃうよね・・・w

せっかく出会い系をやるんなら、いろんな女性と遊んじゃえばいいか!!

でも本来の目的は真面目な出会いだ!!
真面目な出会いを探しつつ、もしおこぼれがあればラッキーかも?

とりあえず、メールから真面目な出会いを探すために掲示板に投稿した。

人妻からのアピール

真面目な掲示板に投稿してみると、人妻からのアピールが最初に来た。
プロフィールを見ると、仲良くなってお茶とかできる関係になりたい、というようなことが書いてあった。

せっかくメールが来たので少しやり取りをすることにした。

「メッセージありがとうございます!年下ですけど大丈夫ですか?」
「私もおばさんだし人妻だけど大丈夫?仲良くなったらランチとかいきたいな!」
「はい!もちろんお話して気が合えばぜひご飯でも行きたいですね!」
「出会い系は結構利用するんですか?」
「昔は利用したんですけど、今回はかなり久しぶりです!」

こんな感じで順調に数日やり取りをしていた。
しかし、ただ会話をするだけでポイントをあまり多く使うにはもったいない・・・。

そこで、1週間ぐらい経過したので連絡先を聞いてみることにした。

「あの・・・もしよかったらLINEを交換しませんか?」
「旦那にバレるとちょっとまずいんで、できればここのほうがいいんですけど・・・」
「じゃあ会うのまずくないですか?」
「サイト内でやり取りしながら会えばバレないと思う!」

・・・とまぁ、なんかこんな感じで連絡先を教えてくれなかった。
なんだかんだと長引いてしまい、さらにはあっちから連絡を絶ってきた。

見ず知らずの他人が連絡先を交換するのはやはり勇気がいると思う。
だから自分なりにゆっくり進めたつもりだったけど、今回はポイントを大量に消費しただけで大失敗に終わった・・・。

出会い系を利用する時は、自分で○日やり取りしたら連絡先を聞く。
断られても数日は様子を見て、それでもダメなら諦めよう、と自分のルールを決めることにした。

22歳からのアピール

その後、何人かからメッセージは来たけど、うまく続かなかった。
ポイントをあまり消費しないように・・・と返事を遅くしていたためか、女性の方から連絡を絶ってしまうケースが多かった。

女性は気が変わりやすいので、なるべくマメに返信したほうが会える確率は上がる!!

最初のうちはうまくさじ加減ができなかったけど、ついに22歳のフリーターの女性と進展することができた!

このフリーターの女性は「仲良くなってからしか会わないけどそれでも良い?」と何度も念押しをしてきた。
ん?これって最初の人妻と同じパターンか・・・?と思ったけど、実は連絡先を聞く時にちょっとしたテクニックを使ってみた。

連絡先を聞く時のポイント

連絡先を聞く時は、相手との連絡頻度を見てタイミングを見計らう。
知り合ったばかりの時に連絡先を聞いても逃げられてしまうので、少しの期間はサイト内でやり取りするのが良い。

そして、相手も話題を出してくれたりするようになったら、進展も兼ねて連絡先を聞く。

「もしよかったら連絡先を交換しませんか?
話しててすごい楽しいし、もっとたくさんいろんな話をしたいから、LINEできたら嬉しいな!
もし嫌なら、メールとかでもめっちゃ喜びます!」

まず、あなたと話していると楽しいよ!もっと話したいよ!というのを嫌味なく取り込む。
自分と話していて楽しいと言われて嫌な人はいない。

そして、一般的に多くの人が使用しているLINEの名前を出してみる。
ここでLINEをすんなり教えてもらえれば万々歳だが、そう簡単にいくことではない。

なので、同じ文章の中に、他の方法でもいいよ!というのを付け足す。
そうすることで、LINEに抵抗があってもメールなら交換してもいいかな!と誘導することができる。

昔はメアド交換が普通だったけど、近年メアドを使っている人ってかなり減ったと思う。
メアド交換に対するハードルは下がりつつあるので、メールでもいい、という選択肢を増やすことで、連絡先交換の成功率はぐっとあがる。

22歳フリーター女性とのやり取り

22歳の女性とLINE交換をするまでに1週間ほどかかった。
サイト内でのやり取りも本当に楽しかっただけに、この出会いを逃したくなかったので慎重になっていたのもあるw

ただ・・・22歳の女性は、LINEのやり取りの中で、最近失恋をしたばかりだと言っていた。

毎日当たり前にあったことがなくなり、心にぽっかり穴があいてしまった。
その穴を埋めたくて、出会い系に登録したと教えてくれた。

んー・・・これは何もないまま終わるパターンかもしれない・・・。

毎日ただ何となく続けるやり取り

22歳のフリーターちゃんは、毎日こまめにLINEをくれた。
今までの日課を他の男で紛らわそうとしているのだろう・・・。

失恋したときの辛さはわかるし、別にLINEが面倒とか苦とかそんなのはなかった。
むしろ、自分も暇つぶしになっていたし、会えなくてもLINEだけでいいかな、とか思っていた。

他にも女性はいるわけだし、フリーターちゃんにこだわる必要はない。
でももしかしたら、こうやって優しくしていたら気を許して会ってくれるかもなぁ~(*´ω`*)とか下心があったのは事実w

だけど、かれこれ1ヶ月半、下ネタも一切なし。
電話もしたことがなく、本当にただのメル友状態になっていたので、フリーターちゃんはノーマークの対象になった。

デートのお誘い

そんなこんなで、やり取りをしていたある日。
フリーターちゃんから思わぬお誘いが来た。

気晴らしにドライブに連れて行ってほしいと頼まれたのだ。
何かもう会うことは諦めていただけに、だいぶびっくりしたw

でも、これってそれまでの信頼関係があるからこそだと思う。
自分が辛い時に寄り添ってくれた、話を聞いてくれた存在って、勝手に信用してしまう。

会うことに囚われすぎてがっつくよりも、とりあえずキープしておこうという気持ちの余裕があった方が良いのかもしれない。

ただし、これを1人の女性にやっていてももったいないので注意。
やり取りしてて、先がなさそうだな・・・と思ったら、キープしつつ別の女性も探しておく。

誰とも付き合っていないのなら、色々な女性を見ておいても誰も文句は言わない。

夜のドライブデート

フリーターちゃんに誘いをうけたので、予定もなかったためもちろんOKをした。
ただ、やり取りの流れから考えても、本当に気晴らしのドライブデートで終わるだろうな・・・と思った。

仕事終わりだったこともあり、合流したのは夜の9時。
何時でも良い!と言われていたが、夜遅くに初対面の男と車内で2人って怖くないんだろうか・・・?

この辺のガードは甘いらしい。
というより「○○くんはやり取りしてても優しい感じが伝わってたから大丈夫^^」と笑顔で言われてしまったw

嬉しいことなんだけど、それって男として見ていないってことなんだろうな・・・(; ̄ー ̄A

車を走らせながら、車内では元カレの話を聞いてあげた。
こういう時は、話をとことん聞いてあげて、気持ちを楽にしてあげるのが良い。

それに頼りになる人だな、優しい人だな、と思ってもらえるしw

夜景スポットでイチャイチャ

ちょっと走ったところで、地元の有名な夜景スポットへ来た。
時間はまだ夜の10時前だったが、平日ということもあって人は少ない。

車内の中から見える夜景スポットなので、予め買っておいた飲み物を渡し、夜景を見ながら色々話した。

すると、フリーターちゃんは「ちょっと肩を貸して・・・」ともたれかかってきた。
寂しくなって甘えたくなったのだろう。

俺はフリーターちゃんの頭を抱き寄せて、赤子をなだめるようにポンポンしてあげた。
そしてそのまま、手を繋いで夜景を眺める。

最近自分もイチャイチャしていなかったし、このシチュエーションで何もしないのもどうなんだろうか・・・。
いや、でも拒否られたら嫌だしなぁ・・・と悶々としていた。

でも手を繋いでも拒否しないということは、もしかしたらチューぐらいはいけるかも?
暗闇の密室に男女2人でいて、男の理性がずっと保てるわけもなく・・・。

フリーターちゃんの顎を少し上げて、そのままキスをした。

最初はちょっと抵抗したけど、優しくついばむようにキスをしていたら、フリーターちゃんも抵抗しなくなった。
そのまま、ゆっくりと舌を入れて深いキスをする。

キスからその先は・・・

キスをしちゃったら、欲求は止まらない。
キスをしながら、フリーターちゃんのおっぱいに手を運んだ。

少し小さめのおっぱいが手に収まる。
そのまま直接触れようと、服の下から腕を滑り込ませようとした。

「それ以上はだめ・・・」といって止められてしまった。
「どうしてもだめ・・・?」
「うん・・・エッチはできない・・・」
「そっか・・無理言ってごめんね」

無理強いをして怖がらせるのは本望ではないので、それ以上を望むことはやめた。

だけど、久しぶりのチューだったこともあって、自分のアソコはズボンからでもわかるほどモッコリとしてしまっていた。
あー・・・この気持ちをどうやって処理しよう・・・w

ダメ元で頼んだら・・・

少し時間が経てば収まるだろうと思っていたが、いっこうにアソコは収まらない・・・。
もうここまで来ると、性欲が湧き上がっているので、何とかしたい・・・と思ってしまう。

「ごめんね、ちょっとアソコが収まらないから少し待って・・・w」
「あ・・・なんかごめんなさい・・・」
「ちょっとだけでいいから触ってくれない・・・?」

エッチができなくても、触ってもらうぐらいならいいんじゃないか?
触らせてたら相手もその気になってエッチしたくなるかもしれないし。

俺はフリーターちゃんの手を引き寄せて、ズボンを少し下ろしてアソコを出した。
そして、そのまま俺のアソコを握らせる。

あー・・・自分以外の手が触れるって久しぶりすぎてやばいw
そのまま、フリーターちゃんの手を使って、上下に動かした。

最初はちょっと抵抗気味だったフリーターちゃんも、自分から手を動かしてしごいてくれる。
シュッシュッと擦る音が響く。

「エッチしなくていいから胸だけ触らせて・・・?」
何度か頼み込んで、胸を触るのだけはOKをもらったので、フリーターちゃんの胸を揉んだり乳首をこねくり回した。

もうこのまま射精までしちゃいたい・・・。
俺はフリーターちゃんのおっぱいを揉みながら、下半身に集中した。

「あ・・・もうイキそう・・・」
そう言うと、フリーターちゃんは一瞬手を離したが、俺はその手を掴んでフリーターちゃんの手を使いながらフィニッシュを迎えた。

「ごめんね・・・ありがとう」
「ううん・・・こんなことしかできなくてごめんね」

フェラもなくただの手コキだったけど、謝るフリーターちゃんを見て、何だか罪悪感が出てしまった・・・。
やらかしてしまったかな・・・と後悔したけど、本能には勝てなかった・・・。

フリーターちゃんとのその後

帰りの車内ではフリーターちゃんは普通だったし、その後も普通にLINEが来ていた。
今までと何も変わりのないLINE。

だったけど、ちょっとした変化があった。

あの日以来、フリーターちゃんは俺に好意を抱くようになった。
夜景スポットと頭ポンポンがきたのか、恋愛対象で見てくる。

寂しい時に優しくされたから錯覚しているだけなのかもしれない。

フリーターちゃんと会えると思ってなかったので、出会い系で他にも数人の女性とやり取りをしている。
今すぐどうというのは考えられないが、フリーターちゃんとはまた発展があるかもしれない。

その時はまた体験談を書こうと思う!

夜のドライブデートは発展しやすい

夜の雰囲気って独特なものがある。
夜景がキレイだったり、静かな公園だとイチャイチャする雰囲気も作りやすい。

女性はムードを大事にする生き物だ。
すぐにセックスに持ち込むんじゃなくて、その前のイチャイチャの過程が必要である。

明らかにがっつくよりも、ちょっと抱き寄せて頭をポンポンしてみたり。
手をつないで雰囲気を作って、チューから入ってみたりというのは女性はドキッとするらしい。

車なんて特に2人だけの密室空間なので、雰囲気は作りやすいと思う。
ドライブデートでイチャイチャしておいたら、ホテルにも誘いやすいかもしれないw

その気がない女性をいかにその気にさせるか、ここは腕の見せどころでもある。

本体験者

性別:男
年齢:20代半ば
職業:整備士
婚活をするために出会い系を始めた。
ヤリモクのつもりはなかったが、セフレ探しもしようかと考えている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です