ヤリモク含めた出会いを徹底サポート!

マッチングアプリ完全攻略

出会いの体験談

恋愛経験なしの男が出会い系で女性と仲良くなるコツを学んだ体験談

投稿日:

恋愛経験なしだと、正直男としてどんどん自信がなくなってしまう。
やっぱりある程度、女性の心理は知っておかないと交際だってうまくいかない。

今まで恋愛経験がなかった自分が、出会い系で女性と仲良くなれるコツを学ぶことが出来た。

出会い系だからこそいろんな女性と仲良くなれるので、いろんな女性心理を知ることができる。

恋愛経験なしの男が出会い系で出会えるか?

恋愛経験なしという男性は少なくないと思う。
出会いがなかったり、性格上だったり、状況は人それぞれ違う。

恋愛経験がないということは、女性にも免疫がない人が多いかもしれない。

そんな男が出会い系をやっても無駄なのではないか?と思うだろうか?
しかし、出会い系だからこそそんな男性でも、たくさんの女性と知り合えて、女性の心理を知るチャンスなのだ!

交際歴なし=年齢になってしまった

自分は、小学生の頃はわりと活発な性格だった。
しかし、思春期をむかえてからどんどん消極的になって、シャイな性格に変わっていった。

中学校生活は部活に明け暮れ、彼女どころではない。
高校生活は工業系に進んだために、ほぼ男子校のようなものだったので、女性と話す機会はめっきり減った。

女性に対する免疫はどんどんなくなり、就職するときには女性と話すにも緊張してうまく話せない・・・。
職場にだいぶ慣れたことで、少しは話せるようになったものの、やっぱりシャイな性格はどうにもならなかった。

そんなこともあって、交際歴なし=年齢になってしまい、彼女ができたこともない。
気になる女性はいたけど、結局何も言えずに終わってしまっていた。

人生を変えたくて出会い系に登録

このままでいいのか?一生女性と付き合えないのでは?
そんな人生はいやだ・・・。

周りは彼女を作っていてすごく楽しそうだ
シャイな性格だけど、彼女がほしくないわけじゃない、むしろ彼女はほしい!

そうしてたどり着いたのが出会い系だった。

ネットで調べ物をしていた時に、ふと出会い系の広告が目に入ったのだ。
クリックすると、その出会い系で出会えた体験談を読むことができた。

「運命の人と出会えた!」とか書いてあって、そのカップルのエピソードなども読むことができた。

出会い系ってそんな出会いができるのか・・・。
今まで出会い系ってハードルが高い気がしていたが、もしかしたらこんな自分でも運命の人と出会えるかもしれない!

希望を胸に出会い系サイトの【PCMAX】に登録することにした。

出会い系サイトを開始

いざ出会い系サイトに登録したものの、あれもこれもといろんな機能がありすぎて驚いた。
何をどう利用したらいいのか?
この機能はなんだろう?と見ることにワクワクして、2時間ほど出会い系サイトのシステムを見ていた。

プロフィールを徹底的に凝ってみた

見ているだけでは何も始まらない。
まずはプロフィールを作っておこう!と思い、プロフィールの設定をした。

昔からこだわることはとことんこだわるので、プロフィールはほぼ全ての項目を埋めた。
自己PRにも、女性と交際歴がないことや、シャイな性格なども正直に書いた。

サイトぐらい嘘の自分を作っても良いんじゃないか?
普段の自分と違うキャラを演じてもいいんじゃないか?

そんな葛藤もあったけど、いつかボロが出ると思ってやめたw
人間は正直に生きるのが一番だ。

掲示板に投稿してみる

女性にアプローチするには勇気がいるので、とりあえず掲示板に投稿しようと考えた。

掲示板のメニューにいくと、種類がいくつもあり、ジャンルに別れていた。
ピュアなものからアダルトなものまで、これだけ種類があると逆に迷う・・・w

今回の自分の目的は、できればまずはいろんな女性と話がしたい!
そうなると「まずはメールから」が適しているだろう。

とにかく1人でも多くの女性とやり取りをして免疫をつける!
もしうまくいけば実際に会ってお茶とかもしてみたい。

1人目との出会い

掲示板に投稿したら、1人の女性からアプローチがきた。
正直もっと来ると思っていただけに、あれ・・・?っていうのが率直な気持ちだったw

でもせっかくメールが来たのだから、仲良くなりたい!
私は早速やり取りを始めた。

サイト内でのやり取り

女性からメールが来たので、「メールありがとうございます!こんな自分でもなかよくしてほしいです!」と返した。
直ぐに返事が来て「こちらこそ!なんて呼べばいいですか?」と聞かれた。

「自分は○○といいます!」
「○○さんですね!素敵な名前です^^」
「ありがとうございます!嬉しいです!」

この返事をしてから、2日ほど返事がなくなった。
なぜだろう?

自分は何か変なことを言ったのだろうか・・・?

勇気を出して自分からもう一度連絡をした

それから5日経っても、メールは返ってこなかった。
このまま終わるのは悲しい・・・。

そう考えて、どうしようか悩んだ末に自分からもう一度メッセージを送ることにした!

「こんにちは!今何していますか?」

このメッセージをして8時間後にやっと返事が来た

「お久しぶりですね!今日は仕事でしたよ^^」
「そうなんですね!自分も仕事でした!お疲れ様です!」
「お休みは決まってるんですか?」
「基本的に土日ですね!だいぶ慣れて今は楽しんでます(笑)」
「仕事が楽しくできるのは良いですよね^^」
「はい!」

そしてまた返事が止まった。
忙しいのだろう・・・と思い、そのままサイトを閉じた。

その後・・・

翌日待っていたが、返事は来なかった。
自分から送るのはかなり勇気がいるし、どうしよう・・・。
相手の女性から来るのを待とうか・・・とモヤモヤして、5日が経ってしまった。

女性から来る気配はなかったので、もうこのままやめてしまおうと思った。
正直自分から何回も送るのは勇気がいる。

でもここでビビっていても前に進めないし、女性を知ることもできない。
泣きの1回でもう一度メッセージを送ってみた。

「こんにちは!お元気ですか?」
「元気です^^でもごめんなさい・・・。もうやり取りはできません・・・。」

そう返事が来たのは翌日だった。
正直かなりショックを受けた。

自分なりに気を使ってやり取りをしていたつもりだったのに、女性に断られてしまったのだ。
やっぱり自分は女性と仲良くなることに向いていないのかもしれない・・・。

メールのやり取りの重要性

何がダメだったのか?と悩んでもわからず、しばらく出会い系から離れた。
初めてメッセージをもらえた嬉しさが大きすぎて、断られるショックから立ち直れずにいた。

このときの自分は何もわかっていなかった。
今思えば、会話のキャッチボールが出来てなさすぎる・・・。

相手に聞かれたことを答えるだけで、話を広げようとしない。
自分から相手を知ろうとしていない。

なぜメールのやり取りをするのか?
相手を知るためだ。

相手を知るためなのに、自分は相手のことを聞かないで答えるだけでは、興味がないのかな・・・?と思われてしまう。
興味があるからいろいろなことを知りたい、と思うのが人間の心理だ。

何か共通点を見つけて会話を広げる。
「あぁ、この人と話してると心地いいな。楽しいな」と思ってもらえるための努力は必要なのだ。

内容のないメールのやり取りは絶対にしてはいけない。

この失敗でメールの重要性を知ることが出来た。

2人目との出会い

友人と遊んでいる時に、恋愛の話になった。
女性の心理や、どういうことをしたら女性が喜ぶのか?

女性にめちゃくちゃモテる友人にアドバイスをもらったw
そのアドバイスを活かすべく、もう一度出会い系に挑戦した!

自宅に戻り、前回と同じ「まずはメールから」の掲示板に投稿した。
数時間後に、同じ年齢の女性からメッセージが来たので、友人のアドバイスを思い出しながらやり取りを始めた。

会話を広げてマメに返す!

友人曰く、多くの女性は「レスポンスが早い男性が好き!」らしい。
女性は寂しがりな人が多いので、連絡をマメにすることで喜んでくれる。
寂しがりであり、気まぐれな女性だからこそ、こまめに連絡をして相手の心に入る、ということだ。

「メッセージありがとうございます!自分は○○といいます!なんて呼んだらいいですか?」
「こちらこそお返事嬉しいです!私は○○とよんでくださいね!」

まずは、自分が相手を知るという努力をした。
簡単に考えていたけど、いざ自分が相手に聞こうとすると何を聞いて良いのかわからない・・・。

意気込んでいたものの、このあとの会話に悩んでしまった。
そこで、好きなことを聞いてみた。

「○○さんは趣味とか好きなことってありますか?」
「私は実はゲームが好きなんですよ~!周りからは意外っていわれます・・・w」
「どんなゲームが好きですか?自分もたまにやります!」
「やっぱりFFとかドラクエとか王道なものが好きですね!」
「あー人気ですよね!FFはわからないけど、ドラクエは5とかやってました!」

会話を広げつつ、マメに返す。
これをしたことで、相手の女性とやり取りが続くようになった。

相手の好きなことを知り、共感できることは共感する。
もしも知らないことだったら、どんなこと?自分も知りたいな!と興味を示す。

相手と楽しいことを共有することは大切である。

連絡先を交換するタイミング

出会い系サイトでやり取りをはじめて、なんと1週間が経過した!
仕事以外はなるべくこまめに返事を返す努力をした。
会話を広げる努力をした。

しかしここで問題が1つ。
出会い系サイトはお金がかかる・・・。
給料が良いわけではないので、ポイント料が地味に痛い・・・。

でも自分から連絡先を聞くことは出来ない。
せっかくここまで来たのに、もしも失態をしてしまったら無駄になる。

どうしたらいいのだろうか?
ない知識を振り絞って、遠まわしに聞いてみることにした。

「○○さんってこういうところで連絡先を交換したことってありますか?」

連絡先を聞くのではなく、そういう経験があるのかから探りを入れてみた。
返事が来るまでかなりドキドキして、返事が来なかったらどうしようとかすごくビビっていた。

「ありますよ!○○さんはあります?」
「自分はまだ誰ともないです・・・」
「連絡先交換って正直怖かったりするので、私もすぐには教えてないんです(T_T)」

これは遠まわしに断られたのか・・・?
すぐには教えてない、というのはどのぐらいの期間なんだろうか・・・。

これ以上聞くのは怖くて、この時は話題を変えた。
でも、これが吉と出たのかその5日後に「良かったら連絡先教えて下さい!私から連絡します!」と来たのだ。

どうやら、自分が連絡先のことを話題にしたことで、気にしてくれていたらしい。
一度言った言葉は、意外と相手の記憶に残る。

ある程度サイト内でやり取りをしたら、連絡先の話をしておくのも距離を縮める1つだと学んだ。

LINEではよりフレンドリーに距離を縮める!

LINEを交換してから、自分が意識したのは「おはよう」「おやすみ」の挨拶をすること。
1日の始まり、1日の終わりに、このやり取りが当たり前になることで、いつの間にかその人が心にいるようになる。

そして、LINEならテンポよくやり取りができるので、よりフレンドリーに話せるようになり、距離もぐっと縮まる。
まぁ、自分の場合はすぐにそんなことはできなくて、しばらくは敬語でしか話せなかったんだけど・・・(; ̄ー ̄A

そういえば、自分がやり取りをしてて「これは使えるかも!」って思ったことがある。

今回は音楽だったんだけど、音楽って好きなジャンルはあるけど、おすすめし合ったりできるので、会話のキッカケになる。

自分が好きなアーティストと曲の話をしたことがあったんだけど、こんなことを言われたことがある。

「そういえばこの前、○○くんが好きって言ってた歌がCDショップで流れてたから、○○くんを思い出したよ!」
「え、本当?!あの歌めちゃくちゃいいから本当におすすめだよ!」
「メロディがすごくいいな!と思ってしばらく聞いてたよ~!今度借りてみようかな!」

音楽って本当に身近なものなので、意外なところで耳にする。
その時に、そういえばあの人とこんな話をしたな!と思い出してもらえるキッカケにもなるんだと思った。

音楽だけじゃなく、キャラクターなんかも連想しやすいと思う。
好きなことや趣味を共有しておくと、その場面に遭遇した時に思い出してもらいやすい。

そういう自分も周りから「柴犬っぽい」とか言われていて、柴犬を見るたびにお前が浮かぶよwwとよく言われている・・・(; ̄ー ̄A

会話のコミットメント

やり取りも1ヶ月を過ぎた頃、短文で返しても返事が来るようになった。
逆に短文でレスポンスが早いほうが、気軽に話ができて楽だと思う。

この頃になると、「友達と遊んできたー!」「会社の飲み会だったよー」なんて話も普通にできていた。

その中で、ちょっと会話を変えるだけでもっと距離を縮める方法を見つけた。
例えばこんなやり取りの時。

「今日、友達と○○でご飯食べてきた!知ってる?」
「知ってるー!私も前に行ったことある~!」
「ここの○○ってやつ、すごく美味しくない?今日食べてめっちゃハマったw」
「え、それ食べてない!食べてみたい~!」
「ぜひ食べてみて!」

こういうのって結構あるあるだと思うんだけど、「ぜひ食べてみて!」で終わらせるのはもったいない。
この会話をこんなふうに変えると、今後につながる。

「他にもおすすめあるし、機会があったら一緒に行こう!」
「うんうん!都合合えば行きたいね!」

これは会話のコミットメントといって、小さな約束を取り付けている。
その中でも「機会があったら」という言葉は、無理強いをしていないので、相手の不信感も少ない。

いかにも誘ってます!!っていうのは、下心が見えて女性からすると、引いてしまうらしい・・・。
嫌味のない小さな約束をたくさん取り付けるのは、相手の印象にも残るし、今後誘いやすくもなる。

さらなる進展

小さな約束をたくさん取り付けたことが影響してか、女性からも「○○に今度一緒にいってみよ~!」と言われるようになった。
・・・んだけど、正直自分に勇気がない・・・w

確かにLINEでやり取りをして、自分も打ち解けた。
写メを交換したら、めっちゃ可愛いお姉さん系で、どこかふんわりした雰囲気の女性だったので、惹かれている自分もいた。

でも実際に会ったら、LINEのようにテンポよく話せるのか?
文字で会話と、目を見て会話するのでは、重さがぜんぜん違う。

だけど、せっかくここまで来たのなら、一度は会ってみたい。
自分にもそういう実績がほしい・・・w

相手の女性も本心で言っているのかわからない・・・という不安も正直ある。
ただノリで言ってるだけかもしれないし・・・。

勝手に自惚れてしまうのも悲しいので、もう少し様子を見て実際に会ったらまた報告します!

どうしたら女性が喜ぶのか?を学んだ

1人目で失敗した時は、何が悪いのか全くわからなかった。
2人目の時も正直かなりビビっていたけど、やり取りをするうちに、どうしたら女性が喜ぶのか?が少しわかった気がする。

自分も女性とやり取りをはじめて、「この人と気が合う!」「すごく楽しい!」と思えるようになった。
返事を待っている自分もいたw

そうか、相手にもそう思ってもらえればいいのか!
相手がそう思ってくれれば、全て自分が動かなくても、自然と相手からお誘いが来るようにもなる。

そう思ってもらうためにはどうするのか?
女性って普段の何気ない日常的な会話が嬉しいらしい。

変に凝り固まったものよりも、日常的な会話を当たり前にする。
その中でも相手の好きなことや自分のことを共有し合う。

まだまだ課題は多いけど、女性と続くための心得を習得したので、他の女性とも仲良くなれるかもしれない!
もしかしたら通用しないかもしれない。

何だかちょっと楽しくなってきたので、別のメル友を作ってもっと克服をしてみようかな・・・?

出会い系で自分の恋愛スキルをアップ!

出会い系ってどうしてもアダルトなイメージが強いかもしれない。
確かに多くのサイトが、ノーマルな出会い、アダルトな出会いというように掲示板を複数設置している。

以前までは、出会い系サイトで知り合った、とかなかなか周りには言えなかったものだ。
「え?サイトで知り合ったの?」とびっくりされる。

しかしここ近年は、出会い系サイトやマッチングアプリなどで真面目な出会いを求めている人もかなり増えた。
仕事的にどうしても出会いがない人は、自分から出会い系などでキッカケを作ることだって大いにある。

女性も真面目な出会いを求めている人はもちろんいるので、恋人だけじゃなく飲み友達を探すこともできる。
近所じゃなくても、他県の友達がほしいときも活用できる。

そして、出会い系だからこそいろんな女性と話すことができるので、自分の恋愛スキルをあげることもできる。
失敗をたくさんして、いろんな女性の心理を知ることも重要だ。

経験を積んで、自分の恋愛スキルをあげて、実践に備える!
出会い系でいろんな女性と遊んで実践に備える!というのも1つの活用方法だ。

本体験者

性別:男
年齢:20代半ば
職業:食品関係の工場勤務
シャイな性格なので女性に免疫がなかった。
このままではダメだ!と思い、出会い系で克服をする。

-出会いの体験談

Copyright© マッチングアプリ完全攻略 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.