ヤリモク含めた出会いを徹底サポート!

マッチングアプリ完全攻略

出会いの体験談

電マが気持ちよすぎてイキまくった22歳の看護師との体験談

投稿日:

大人のおもちゃで遊びたい女性って結構いたりする。
電マなんか特に気持ちいいって聞いたし、今じゃホテルに無料で設置してあるところも多くなった。

出会い系なんか見てると、欲求を満たすために募集している人がたまにいるんだけど、そういう人って結構会いやすい気がする。

そんな私も、出会い系で大人のおもちゃで遊びたい!という女性と出会うことができたので、その時の体験談をまとめてみようと思う!

出会い系で今日会える子を探す

私が出会い系を利用する時は、基本的にその日に会える人をメインに探す。
正直な気持ち、男は利用するのにお金がかかるから、あまりお金をかけたくないのだ・・・。

その日に会える人なら話は早いし、無駄なお金を使わなくても済む。

まぁ、それが毎回うまくいくわけもないのが現実。
むしろ即会い系なんてかなり条件が厳しいから、本当に運とタイミングが必要だ。

仕事の休みの日に出会い系にアクセス

仕事柄、休みは平日が多い。
予定がない日は、朝から出会い系にアクセスして、掲示板をチェック。

私は年齢が50代だから、掲示板に投稿してもほとんど反応はない。
だからこそ、即会い系の書き込みを見つけたら自分からアピールをするようにしている。

ただ、即会い系は条件ありが多い。
プロフィールや掲示板に書いていなくても、返事が来たタイミングで「そちらの条件を教えて下さい。」と書かれている。

昔は条件ありでも会うことはあった。
でもここ最近は、条件なしで会える人を探すようにしている。

条件なしでも会いたいのは、それだけ欲求が溜まっているわけで、セックス中の燃え方がぜんぜん違うのだw

即会い系の出会いはまじで難しい

掲示板をチェックしていると、即会い系の書き込みはいくつかあった。
でも、4~5時間前の投稿だったので、おそらく連絡しても返事は来ないだろう・・・。

最初にも書いたが、即会い系は本当に難しい。

やっぱり他人にすぐ会うのは怖いというのが女性の心理。
一方で男も怖いというのはあるけど、早く会って楽しみたいというのが本音。

そして、掲示板で即会い募集している女性は本当に貴重なので、男性からのメッセージもすごいだろう。
その中から選ばれるには、女性の気分次第なわけで・・・。

そう思いながらも、やっぱり無駄なことはしたくないので、私は私のやり方を貫く。

ついに即会いできる女性を発見

午前中は結局見つからなかったので、昼食を食べながら再度掲示板をチェックしてみた。
するとこんな書き込みを見つけた。

彼氏に満足できずにモヤモヤしています。
彼氏には言えないけど、どうしてもやってみたいことがあるんです。
今日会える人を探しているので、もし良かったらメッセージ下さい。

どうしてもやってみたいこととはなんだろうか?
即会い系だけど、メッセージしてみないと詳細はわからない・・・。

この手の書き込みは、アタリハズレが激しいのでかなり悩んだ。
でも、それ以外にめぼしい書き込みも見つけられなかったし、この女性にメッセージをすることにした。

女性が出した条件

メッセージを送信して10分後、サイト内にメッセージを受信した。
相手は先程連絡した女性だ。

メッセージありがとうございます。
私は大人のおもちゃを使ったことがなくて、興味があります。

なるほど、おもちゃを使ってみたいんですね。
ちなみに・・・会うことに条件はありますか?

条件は、おもちゃを買って使ってくれればそれでいいです。
ホテル代も負担していただければ・・・。
あと、時間は今日の21時から会える方を探してます。

金銭的な要求は、ホテル代の負担、大人のおもちゃを買ってくれればいい、ということだけだった。
時間は問題ないけど、ホテル代とおもちゃ代だとそこそこのお金はかかる。

しかもここはサイト内。
これ以上ディープな話をすると、サイトを利用できなくなる可能性もありそうだ。

わかりました。
こちらは大丈夫ですので、直接お話するために連絡先を教えてほしいです。

メールで大丈夫ですか?
○○○に@とdocomoです。

残念ながらLINEは教えてもらえなかった・・・。
でも連絡先をゲットしたことで、より詳細を聞ける状態になったわけだ。

これでもし条件があわなくても、メールでのやり取りにお金はかからない。
とりあえず教えてもらったメールへ連絡をしてみた。

22歳の看護師とのやり取り

メールは無事届き、サイト内では話せないことを話した。
全部は書ききれないので、やり取りの後半だけ書いておく。

今日の21時にどこに行けばいいかな?
○○にある○○というお店の駐車場で合流しませんか?
わかりました!おもちゃはどんなものが使いたいんですか?
ローターよりもバイブを使ってみたいです。使ったことありますか?
ありますよ!いろんな形があるので、ホテルの中で選びましょう。
ありがとうございます。ホテル代とおもちゃ代は出していただけますか・・・?
大丈夫です。では、待ち合わせ場所についたらまた連絡します。

ちなみにこの女性は22歳で看護師らしい。
おじさんでも大丈夫か聞いたところ、年上の方がテクニックがあるから大丈夫!と言われた。

そして、ホテル代とおもちゃ代は負担してくれるのかを念押しされた・・・w
ローターは500~1000円ぐらいだけど、バイブは3000円以上はするからちょっと出費だな・・・。

でも、話はサクサク進んだし、今回は大当たりだ!!
ただ・・・、過去に何度かあったのが待ち合わせ場所に来ないというケース。

気分が変わって来なくなったか、もともと会う気はなかったか・・・。
いずれにしても、この22歳の看護師が来てくれることを願う!!

合流~ホテルまで

時刻は20時30分。
少し早めに家を出たので、道行く人達を眺めながら車を走らせる。

う~ん・・・ドキドキしてきたぞ・・・。
とりあえず、家で軽くシャワーを済ませておいたので、ニオイは大丈夫だろう・・・。

どこのホテルがいいかな・・・といろいろ考えながら車を走らせる。

20時50分に待ち合わせ場所に着いた。
女性にメールを入れておく。

21時5分。
「今到着しました!」とメールが来た。

私の車とナンバーを知らせて、車の外で女性を待つ。

ボブカットのスラリとした女性が近づいてきた。
「○○さんですか?」
「はい、こんばんは!私の車でいいですか?」

一応確認した上で、車に乗ってもらう。

即会い系の場合、ホテルはなるべく近いほうが良い。
余り遠い場所に行くと、女性に不安感を与えてしまうので、安全な人だよ!というアピールをさり気なくここでしておく。

「この近くのホテルでいいかな?」
「はい!お願いします」

待ち合わせ場所から5分ほど先にホテル街があったので、車内ではさほど会話はせずホテルへ向かった。

大人のおもちゃで乱れる女性

ホテルに到着し、口数も少ないままロビーで部屋を選ぶ。
エレベーターの中も無言・・・。

あまり話しかけてほしくないのかな・・・?と様子を見ながら部屋に向かった。

まさかのハプニング

部屋に入って、二人でソファーに腰を下ろす。

「今日は仕事だったの?」
「あ、はい!それで時間がこんな時間になっちゃって・・・」
「お疲れ様!なにか飲む?」

そんな会話をしながら、部屋にあるおもちゃのカタログを探す。
以前来た時におもちゃが売っていたのを思い出したので、このホテルを選んだ。

・・・ない。
カタログが見当たらない。

まじか・・・。
確かに以前はあったのに、どうしよう・・・。

ふとベッドに目が入る。
ベッドの横に電マがあるのだ。

「おもちゃなんだけど・・・以前はここにカタログがあったんだけど、なくなったみたい・・・」
「え・・・」
「あ、でもベッドに電マがあるんだけど・・・電マはどうかな・・・?」

恐る恐る聞くと、女性は少し戸惑いながらも小さくうなずいた。
よかった・・・、帰る!!なんて言われたら水の泡だ・・・。

いざおもちゃを初体験!

お風呂を先に済ませた私はベッドで待機する。
女性は恥ずかしそうにタオルを巻きながら、ベッドに入ってきて電気パネルへ手を伸ばした。

その間に私はタオルをほどいてしまう。

「はずかしい・・・」
真っ暗になった部屋で、恥ずかしそうにつぶやく女性の胸を程よく愛撫しながら、下半身へ手を伸ばす。

しっとりと濡れている。
少し指でほぐしたあとに、電マを起動した。

ブイーーーーン・・・と機械の音が部屋に響く。

「もし痛かったらいってね。」

そういって、クリトリスへ電マをゆっくりと押し当てる。

「あぁん・・・やだ・・・うう・・・・」と言いながら、体をくねくねよじらせる。
どんどん息があがり、ハァハァと激しくなってきた。

片手で愛液をすくい取ったあと、クリトリスに塗りつけて、剥き出しにさせて押し当てる。

「ああああ・・・いっちゃう・・・だめ・・・」
そう言いながら、足を閉じて体をビクビクと跳ね上がらせた。

私はそのままアソコへ指を入れながら、再度電マを押し当てる。
グチュグチュと音をわざと出しながら、アソコの上部をこする。

「もっと・・・そこをもっと・・・」と言いながら、自らビラビラを広げて押し付けてくる。

ブイーンと電マは激しくクリトリスを刺激する。
女性は広げながらハァハァと喘ぎ続け、自分で気持ちいいところに押し当てまくっている。

「またいっちゃう・・・やだぁ・・・」とか言いながら、今度は広げたままイッてしまった。

そんなことを2~3回繰り返し、5回以上はイッただろう。
ベッドのシーツは愛液で大きなシミができるほどに溢れ出ていた。

ヒートアップする2人の体

電マで何度もいかせたあとは、フェラをしてもらった。
正直、上手とは言えないけど、一生懸命やってくれるのがわかる。

「もういれてもいいかな・・・」
コクリと頷いたのを確認したあと、ゴムを装着して正常位でゆっくりと出し入れをした。

恥ずかしそうに顔を腕で隠しながら、あぁ・・・とかううん・・・と声が漏れている。

亀頭をギリギリで出し入れしながら、いっきにグンッと奥へ突き上げた。

ビクッと体が跳ね上がり、「気持ちいい・・・」と呟いた。

私はもうそのままガンガンと正常位で突き上げ続けた。
ピチャピチャと部屋中に愛液の音が響く。

体勢を変えようとすると、手で止められ「正常位が好きなのでそのままして下さい・・・」と言われた。

それなら・・・と電マをクリトリスに押し当てながら、正常位で突く。
気持ちいいのか、キューッと締め付けてくるので、私も限界をむかえた。

最後の締め付けはかなり快感だった・・・。

おもちゃを使った感想を聞いてみた

激しいセックスを終えて、ベッドで横になりながら電マの感想を聞いてみた。

「電マはどうだった?」
「すごく気持ちよすぎてびっくりしました・・・。やばいです・・・」
「女性は電マをあてられるとヤバイって言うからねw」
「私、彼氏にクンニされてもいけなかったんです」
「あーそれでモヤモヤしていたんだね。」
「はい・・・。おもちゃを使ってなんて言えないし・・・。今日会えてよかったです」

会えてよかったと言われると本当に嬉しい。
次もしまた会いたくなったら、おもちゃがあるホテルをちゃんと調べておくね、と伝えておいた。

連絡が来るかはわからないが、次がもしあればぜひバイブで乱れさせたいw
そして、下調べはちゃんとしておこう・・・と誓ったw

出会い系は条件なしの即会いもできる

即会いは、どうしても条件有りが多いので、男にとってハードルが高いかもしれない・・・。
条件有りでも割り切っている人はいるかもしれないが、何だか形式的なものになって虚しさが増してしまう。

実はわたしは、複数の出会い系を利用している。
女性も同じように複数利用しているかもしれないが、1つのサイトを利用するよりも、4つのサイトを利用したほうが確率は上がる。

あっちもこっちも見なきゃいけない大変さはあるけど、出会い系で即会いをしたいとか、セックスの相手を探したいのであれば使い分けて損はない。

私はサイトを複数利用するようになってから、条件なしの即会いができる女性もそこそこ会ってきた。
もちろん、ある程度やり取りをしてから会ったケースも数多くある。

少し利用しただけで出会えないからやめよう・・・と諦めてしまうのは本当にもったいない。
ぜひサイトの使い分けを駆使して、世の男性にも出会い系の楽しさを知ってもらいたいと思うw

本体験者

性別:男
年齢:50代前半
職業:車のディーラー業
出会い系は基本的にアダルト狙い!
何事もすぐに決めないと気がすまない性格。

-出会いの体験談

Copyright© マッチングアプリ完全攻略 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.